翔工房
Sho Textile Factory

工房の日々dairy note

工房の日々

招き猫連れ帰りました

News,


お天気続きの昨日は大分県国東半島までドライブ。
今人気の「よつめ染布舎」に京都からのお客様をお連れしました。
オーナーの小野さんはITOBAの会員なのですが工房にお邪魔するのは初めてでした。
小野さんは広島から国東に移住して活動拠点としてあります。
のびのびと元気漲る作品が生まれるのは当然とうなずける自然豊かな環境でした。
大きな木々に囲まれた庭には鶏が飼われてました。
制作の現場。
人気のカラスの型紙が壁にかかっています。
ここからあの躍動的な型染の布が生まれてくるのですね。
感激でした。
お連れしたテキスタイル関係のお客様も見ごたえのある型染に大満足のようでした。

小野さんの奥様も陶芸家として活動してあります。
HPで拝見する作品はどれもチャーミングで実物観てみたい感半端なかった私ですがやっと叶いました。
大きな鶏の絵がかべいっぱいに書かれた部屋が作業場でした、可愛い。でね、目が合ってしまいました。
美魔女の招き猫。
新しい工房の玄関の主になってもらいます。

ミニ旅のお昼はタコ飯。
ご飯の中にもタコがごろごろしていました。
レストランの窓から姫島が見えました。
お盆のころ子供たちが狐のメイクをして踊る画像が浮かびました。
ここ国東は石仏群でも有名なんですが一日では回れない奥深い所でした。

イベントや特別講座、作品の販売などのおしらせは
公式SNSアカウントにて配信中。

838-0113
福岡県小郡市山隈113-5
tel. 0942-72-8890
Copyright © sho-kobo All Rights Reserved.