翔工房
Sho Textile Factory

工房の日々dairy note

工房の日々

翔工房へようこそ

News,School,

7月も早や足で過ぎていきます。

先月、一日手織り体験に来られたお二人が7月より入会されました。
工房が新しくなって初めてです。まずはマフラーを織ってもらいます。
自分でデザインを考え、それに合う素材選びも。
お二人とも織るだけの体験との違いに緊張されていたようです。
織物は織るまでの準備がこまごまとありますが、それはどんなもの(のれんやマットや服地など)を織る時も同じです。
だから、おいおい覚えていけばいいと思います。
早く緊張が消えて、織る楽しみが日々の生活を豊かにしてくれることを願っています。
しっかり支えていきたいと思いますので宜しくです。

私のことですが、秋からの作品展に向かって制作に追われています。
手織り作家は同じく今が一番忙しいかも。
ついつい夜も無理をしてしまいます。
なのに、日の出とともに鳴きだす蝉に起こされます。
もう少し寝かせてほしいんですがね、、先日も寝るのを諦めて、早朝散歩に出かけたら鬼ゆりがきれいでした。
夏色の朱赤を見たらすっかり目が覚めました。
氏神様にも祇園祭の旗が上がっています。
子供のころの無邪気に遊んでいた夏休みの楽しい記憶がよみがえりました。

イベントや特別講座、作品の販売などのおしらせは
公式SNSアカウントにて配信中。

838-0113
福岡県小郡市山隈113-5
tel. 0942-72-8890
Copyright © sho-kobo All Rights Reserved.