翔工房
Sho Textile Factory

工房の日々dairy note

工房の日々

マフラー織りましょう

memory,Workshop,

一日手織り体験できますかというお問い合わせが増えてきました。
マフラーの温かさが欲しい季節ですね。
先日はご姉妹で体験に来られました。
ベージュと白の経糸を掛けた織り機を譲り合って
それぞれに思いのままに色を選んで楽しんで織られました。
織り上げた後、房始末をして縮絨してふわふわになったマフラーを眺めながら、
自分で織ったとは思えないくらいの上出来ですと嬉しそうでした。
右側の妹さんの分は、私の手違いで少し長さが足りなかったのですが、大丈夫ですと素敵な巻き方をされました。
それにしてもどうして皆さん、初めてなのに自分に似合う色や柄に織り上がるのでしょう。
いつも記念写真を撮りながら思うことです。
本当はまだ濡れているので気持ち悪いでしょうが、皆さんの笑顔が素敵すぎます。

今回も了解を得てインスタにアップしたら、フォロワーさんから下のメッセージが届きました。

『、、不躾ながら質問させてください。体験者様はどの位の幅で長さはどれくらい織れますか?自分もWSができる機会があればと思っているのですが、どんな風にしたらこの方たちのように満面の笑みを頂けるのか悶々としています、、』

普通はコースターサイズくらいで1~2時間位が無理なく手織りを楽しんで戴けるかも。
けれど翔工房の一日体験は工房の生徒さんでさえ、一日で織りあげるのはどうかなぁ?と思うくらいの幅と長さです(マフラーの普通サイズです)
初めての体験では無理があるとは思うのですが、どうせ体験するなら実際に使えるマフラーを織ってもらいたい、織り上がらなかったら手助けすればいい、と思って始めました。
そのためにいろいろ仕掛けをしています。
カシミヤなどの上質な素材を使う。
糸は私が染めたいろんな種類をふんだんに用意する。
経糸は上級者が使う細めの糸を掛けて緯糸が太くても様になるように。
他にも初体験でも満足いただけるような工夫をしています。
これは無理と思う時は少しお手伝いもしています。

それでも、織り始めは楽しいおしゃべりも出来るのですが、そのうち何方も無言になられます笑

そんな、ちょっとハードな体験だからこそ、出来上がりの喜びが顔に出るのでしょうね。
わぁ、これお店で売れるかもと、自分で織ったマフラーを見てうっとりされていますよ。

そんなお顔を見たくて始めたたっぷりサイズのマフラーをたった一日で織る講座です。

クリスマスやお正月に向けてのギフトにも良いと思います。
自分が楽しんで、人にも喜ばれるプレゼントになりますね。

翔工房の手織り体験お気軽のお問い合わせください。
ただ、織り機の関係で一日、二人までとさせていただきます。
この頃、また散歩が朝の日課となりました。
ITOBA展や私事で気が張っていたのが、徐々にほぐれていくのが分かります。
やっぱり自分の気持ちを整えるのにいい時間です。

足元にも秋が転がっていると気づきました。
櫨の葉っぱと槙の実の赤にキュンとします。

1日体験講座

曜日 水・木・土・日
時間 1日(10:00~16:00頃)
料金 6,600円
材料費 1,000~2,000円位(材料費は季節で変わります)

イベントや特別講座、作品の販売などのおしらせは
公式SNSアカウントにて配信中。

838-0113
福岡県小郡市山隈113-5
tel. 0942-72-8890
Mail. info@sho-kobo.jp
Copyright © sho-kobo All Rights Reserved.