翔工房
Sho Textile Factory

工房の日々dairy note

工房の日々

春に向けて

memory,

今日は大晦日ですから干支の引継ぎ式です。

この首振りの可愛い干支張り子は元生徒さんが毎年年末に送ってくださるもの。
遠く山口県から新幹線で翔工房まで通ってくれていた方です。
2年ほどで仕事の都合で来れなくなってからも続いて、今年で干支12種全部が揃いました。
最後は何と可愛いうさぎさんです。

やめられてからも時々は展示会に来てくださったり、一緒に広島観光したりといい関係は続いています。
織りを通してお付き合いが続くなんて本当にありがたいことだと思っています。
今朝は久しぶりに声が聞けて懐かしいやら元気もらうやらでいい大晦日でした。氏神様にも旗が上がりました。
今夜はかがり火が焚かれて沢山の参拝で賑わいます。
夕暮れで雲が夕日に染まってきれいです。

工房から見える好きな風景です。

新しい工房に移って再スタートした翔工房、この新しいHPも4月からスタートでした。

最初は思うようにいかないことばかりで気持ちがへこみましたが秋口からやっと落ち着きが出た着た感じです。

今年は4月に愛犬ラムが逝ってしまい、当初は夫共々喪失感がすごかったのです。
今でもつい、ラムが寝ていた場所に目がいってしまいます。

そしてつい最近、私の母があっという間に逝ってしまいました。
日が経つにつれ、ふとした瞬間に胸がぎゅっとなります。

今年は何かとへこむことばかりでしたが、そのたびにたくさんの人から温かい言葉で励まされた幸せ者でもありました。感謝です。

来年は(明日からですが笑)少しのんびりできたらいいなぁと思っています。

翔工房の玄関はギャラリーとしても使えるように作りました。
春にはオープンしたいと思っています。
どうぞよろしくお願いします。

イベントや特別講座、作品の販売などのおしらせは
公式SNSアカウントにて配信中。

838-0113
福岡県小郡市山隈113-5
tel. 0942-72-8890
Mail. info@sho-kobo.jp
Copyright © sho-kobo All Rights Reserved.